謹賀新年!2017年は【楽しむチカラ】を伸ばそう。in 祐徳稲荷神社

The following two tabs change content below.
神岡 芳徳
ワイン大好き!まぁるいおっさんです。2004年〜貿易業スタート。福岡、沖縄、大阪、アメリカ、ASEANで活動中。最近は、「楽しい」情報発”神”で、「楽しい」人生を!をモットーに、がんばる人を応援しています。win-winより「三方よっしー」。経営理念は、道徳+経済=道経一体。中小企業・個人事業主、地方経済の活性化に力を注いでいます。

【楽しむチカラ】

皆様、あけまして、おめでとうございます。

「去年は、いろいろヤラレタわー」

「これもいつかは、笑い話だね」

浮き沈みがある方が、より面白い人生。

「いろんな人がいるから気をつけないとね」

「確かにな。けど、それでも、人を信じるわ」

祐徳稲荷神社で初詣

三が日の初詣。

仕事が上手くいきますように…
お金持ちになれますように…
家族が幸せでありますように…

たくさんの”願い”があるけれど。

2017年は「楽しむチカラ」を伸ばします。

自分だけじゃなく、縁ある人達と一緒に。

ひとりより、みんなで笑うともっと楽しい。

笑う門には〜って事で。

今年も “まぁるいおっさん” +株式会社よつばをヨロシクです。

追記

神「ちょっとー!俺より目立ってない?」

みんなに幸あれ!左馬

佐賀県にある日本三大稲荷のひとつ。

祐徳稲荷神社にある「左馬(ひだりうま)」

3日の早朝に福岡を出発し、午前中に到着したんですが、3000台の駐車場もいっぱいでした。

年間300万人以上も参拝客が来るとかで、佐賀県の田舎町がこの日は大渋滞。

断崖に切り立つ荘厳な稲荷神社。

その奥に急勾配の坂之上にある奥の院。

九州のパワースポットだけに、良い「気」をもらってきました。

今年も、スタートから幸先がいい!!

楽しむチカラもパワーアップで、ご縁がある皆様にも幸あらんことを!

メモ:左馬とは?

左馬は「馬」の字が逆さに書いてあります。「うま」を逆から読むと「まう」と読めます。「まう」という音は、昔からめでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため、「左馬」は福を招く縁起のよい駒とされています。
「馬」の字の下の部分が財布のきんちゃくの形に似ています。きんちゃくは口がよく締まって入れたお金が逃げていかないため、古来から富のシンボルとされています。
馬は人がひいていくものですが、その馬が逆になっているため、普通とは逆に馬が人をひいてくる(=招き入れる)ということから商売繁盛に繋がるとされています。
馬は左側から乗るもので、右側から乗ると落ちてしまいます。そのようなことから、左馬を持つ人は競馬に強いといわれています。

引用:左馬(ひだりうま)の由来 – 天童市の観光ガイド

 【全国対応】
3つの質問で無料診断いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

神岡 芳徳

ワイン大好き!まぁるいおっさんです。2004年〜貿易業スタート。福岡、沖縄、大阪、アメリカ、ASEANで活動中。最近は、「楽しい」情報発”神”で、「楽しい」人生を!をモットーに、がんばる人を応援しています。win-winより「三方よっしー」。経営理念は、道徳+経済=道経一体。中小企業・個人事業主、地方経済の活性化に力を注いでいます。